楓芽とドタバタnekoライフ

わがまま王子『楓芽』と気まぐれpumのドタバタ日記
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

楓芽の腎臓病闘病記4 〜通院から自宅療法へ〜

JUGEMテーマ:ペット

 

今日は楓芽の8回目の月命日。

2/6(月)の朝方、楓芽は夢に出てきてくれました♪

そして、夢の中で楓芽を抱っこしたんです!

嬉しかった〜(*^。^*)本当に嬉しかった♪

でもね、、、その夜、また不安定になっちゃって(^_^;)

楓芽の名前を何度も何度も車の中で叫びました。

もう大丈夫、そう思っていても突然悲しみに襲われるんですよね〜。

夢の中で抱っこしたのが、妙にリアルだったからかな?

でもね、楓芽。

また会いに来てね!ママ、本当に嬉しかったんだよ!!

 

さて、ここからは楓芽の闘病記です。。。

 

はじめに。。。

 

楓芽の腎不全闘病記録です。

 

辛い内容となりますことをご了承ください。

 

なお、ブログ中の画像は楓芽の元気な頃の画像であり、

 

本文とは一切関係ありません。。。

 

※闘病中、入院時以外は殆ど写真を撮っていませんでした。

 

 

 

退院から2日後、皮下輸液と血液検査の為、通院。

 

いつもの体重測定、体温測定等を行った後、採血。

 

血液検査の結果待ち中に、皮下輸液を行う。

 

輸液量は250cc。

 

今回は最初ということで先生と看護士の2名で輸液開始。

 

私は先生が用意してくれた図解付きの輸液方法を読みながら

 

先生の手さばきを凝視する。

 

いとも簡単に行っているように見える。

 

楓芽も特に痛がる様子もなく、おとなしくしている。

 

楓芽ちゃんは本当におとなしくていい子だね〜」と先生。

 

※ビビリんぼ楓芽

 

 

でも、私は知っている。

 

楓芽はソトズラがいいことを知っている。

 

自宅ではこんな風におとなしくしていないことを知っている。

 

どうしたもんかな?と密かに考えていた。

 

 

2015.12.10の検査結果

 

PCV(赤血球容積) 22%(正常値29〜45)

ヘモグロビン    7.1  (正常値9.5〜15)

Cre             2.4  (正常値0.8〜2.4)

BUN                        29  (正常値16〜36)

リン                      5.1 (正常値3.1〜7.5)

 

血液検査の結果も退院時よりも好転していた。

 

腎臓の方は安定してきているようだ。

 

あとは貧血の数値が基準値内に入ってくれれば、、、

 

もしかしたら皮下輸液すら必要がなくなるかもしれない。

 

これまで通りフードのみで経過観察になるかも!

 

そんな期待でいっぱいだった。

 

 

 

さらに2日後。

 

前回同様、血液検査と皮下輸液の為通院。

 

「今回は皮下輸液やってみる?」との問いに多少たじろいだが、

 

何事も挑戦!と思い「やる!」と答えた。

 

しかし、いざ針を刺すという段階で勇気が出なかった。。。

 

かわいいかわいい楓芽。躊躇なく針を刺せるわけがない。

 

躊躇すればするほど、楓芽は痛みが強く感じられるらしい。

 

「無・・・無理。次回頑張る。と思う」

 

ヘタレな私。。。(^_^;)

 

 

 

2015.12.12の検査結果

 

PCV(赤血球容積) 23.7%(正常値29〜45)

ヘモグロビン    7.6  (正常値9.5〜15)

Cre             2.5  (正常値0.8〜2.4)

BUN                        23  (正常値16〜36)

リン                      4.8 (正常値3.1〜7.5)

 

前回よりも貧血の数値が改善している。

 

もう少し。本当にあと少し。

 

Creは微増しているが、このくらいは誤差の範囲とのこと。

 

先日の入院騒動がすでに過去のものとなり、未来は明るい。

 

このままどんどん回復していく。そうとしか思えなかった。

 

 

 

毎週月曜日と金曜日に皮下輸液の為通院し、実際に皮下輸液を経験した。

 

いつもは不器用な私だが、輸液に関しては意外にも上手かった。

 

2015.12.23の検査結果

 

PCV(赤血球容積) 23.8%(正常値29〜45)

ヘモグロビン    7.6  (正常値9.5〜15)

Cre             2.0  (正常値0.8〜2.4)

BUN                        24  (正常値16〜36)

リン                        ー (正常値3.1〜7.5)

 

年内は練習し、お正月からは自宅で輸液OKとのお墨付きをもらった。

 

病院輸液だと輸液と再診料で3,780円。週2回なので月3万ちょっと。

 

自宅で行う場合、6週間分で6,700円とずいぶんとお財布に優しい。

 

 

長く続く闘病生活を考えると、少しでも出費は抑えたいところ。

 

自宅で父親に手伝ってもらいながら輸液をすることにした。

 

でも、心の中では次回の血液検査の結果次第では週1回の輸液で

 

イケるのでは?と思っていた。

 

 

だって、つい1か月前までなんの兆候もなかったんだもの!

 

なんの不安もなく、半年に一度の健康診断に来たんだもの!

 

 

 

 

そうして2015年は幕を閉じ、楓芽と共に2016年を迎えた。

 

毎年恒例の年越し抱っこ。

 

今年も出来た!来年も・・・再来年も・・・出来るよね?

闘病記 | comments(1) | -

2017年のはじまり

JUGEMテーマ:ペット

 

新しい年が始まりましたね。

 

毎年恒例の楓芽を抱っこしての年越し。

もちろん、今年もやりましたよ!

姿は変われど、楓芽は楓芽。

一緒に年越ししなくちゃね。

 

 

でもね、、、

年越しの時、号泣してました。ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

 

なんかね、ちょっと、おセンチな気分になってしまってね。

 

『楓芽がいた2016年が終わってしまう。

年が明けたら楓芽のいない2017年になってしまう。

そんなのイヤだぁ〜!!。・゚(゜´Д`゜)゚・。』と。

 

もうね、幼稚園児並みの号泣。

うわ〜〜〜んと声をあげ、顔面の穴という穴から溢れだすいろんなもの。

楓芽の骨壺汚したらタイヘン!!と思いながらもとめどなく流れる涙。

でも久しぶりに思い切り泣いて、また少し前に進めたような気がします。

 

 

昨年はねこ友さんや、職場の同僚の飼い猫さん、有名ブログの猫さん。

たくさんのねこさんが虹の橋へ旅立たれました。

一日も早く腎不全、FIP、がん等の治療が確立されますように。。。

 

寂しいと思うのは、いつもそばにいた証。

悲しいと思うのは、たくさん愛した証拠。

あなたは本当に一生懸命だった。

こんなに愛された楓芽くんは幸せです。

 

この言葉をいただいた時

もう、楓芽に「ごめんね。」と思うのはやめようと思いました。

 

楓芽と出会えたから知り合うことが出来た猫友さんたち。

楓芽はたくさんの出会いをもたらしてくれました。

一緒に泣いて、一緒に悲しんで、一緒に笑って、、、素敵な人達。

 

楓芽、ありがとう。本当にありがとう。

 

 

 

 

楓芽が旅立った2時間後に届いた腎臓病用の流動食やサプリメント。

開封することなく年を越しました。

捨ててしまうのももったいないし、どうしたものかと考えていましたが、

東日本大震災による行き場を失った猫を保護、里親探しを行っている

仙台の愛護団体さんに寄付することにしました。

震災からもうすぐ6年。

保護猫さんも高齢になり、病と闘っている猫さんも多くなったそうです。

 

楓芽、いいよね?

 

 

次回からまた闘病記を書きたいと思います。

楓芽が頑張った記録、残しておこうと思います。

ねこ | comments(2) | -

楓芽7回目の月命日

JUGEMテーマ:ペット

 

すっかり寒くなりましたね〜。

 

楓芽が旅立った頃はこれから暖かくなるぞ〜!という季節で、

 

なんか気分的にも晴れやかな季節だったのに。

 

北国へ越して、今の職に就いてから、冬が大嫌いになりました。

 

雪は降るし、路面は凍るし、仕事は超絶繁忙期をだし・・・。

 

今年の冬は、雪が少ないといいなぁ〜。

 

 

さて、今日は楓芽の7回目の月命日です。

 

今回は楓芽の闘病記はいったんお休みして、

 

元気だった頃の楓芽を思い出して偲ぼうと思います。

 

 

撮影日2007年11月14日。

楓芽生後6ヶ月。抜けた乳歯を撮影。最終的に3本見つけたんだっけな〜♪

 

 

朝、化粧をする私のそばに来て、ひとつひとつ楓芽のチェックを受けます(^_^;)

 

 

スリッパと楓芽。まだ顔があどけないですね〜。

 

やっぱり楓芽はかわいいな〜。本当にかわいい。

 

 

右みて〜

 

 

左みて〜

 

 

ボク、なにしようとしてたんだっけ?

 

 

※pumの近況※

 

先日、数か月開きもしなかったツイッターを開きました。

すると友人が猫を保護し、里親募集をしていました。

生後6ヶ月くらいの三毛猫でした。

 

もしかして・・・楓芽が帰ってきた?

 

久しぶりに友人にコンタクトを取りました。

「もし里親が決まってなかったら、一度会わせて欲しい」と。

友人からの回答は・・・

「ごめん。情がうつっちゃってウチで飼うことにした。」

 

友人と運命の糸だったんだね〜。

 

きっと楓芽は帰ってきてくれる。必ず私と出会ってくれる。

 

その時まで、友人のにゃんを可愛がることにしました♪

週末はオヤツもってGO〜!憂鬱な冬に楽しみが出来ました!

ねこ | comments(2) | -

楓芽の腎臓病闘病記3 〜退院、自宅療法開始〜

JUGEMテーマ:ペット

 

はじめに。。。

 

楓芽の腎不全闘病記録です。

 

辛い内容となりますことをご了承ください。

 

 

 

入院から2日後の12/5(土)夕方、翌日は日曜日で病院がお休みなので、

 

検査結果が良ければ退院出来るかも?という事で、血液検査。

 

2015.12.5の検査結果

 

PCV(赤血球容積) 20.5%(正常値29〜45)

ヘモグロビン    6.7  (正常値9.5〜15)

Cre             4.9  (正常値0.8〜2.4)

BUN                        70  (正常値16〜36)

リン                      7.1 (正常値3.1〜7.5)

 

クレアチニンは下がってきたものの、安心して退院できる数値ではない。

 

先生からは

 

「24時間静脈点滴で毒素を排出しているものの、数値が下がってこない

 

というのは、正直厳しいものがあります。

 

すでに腎臓の75%以上が機能不全となっていると考えられます。

 

貧血の値は以前よりも下がっています。

 

これは点滴の影響もあるとは思います。

 

造血剤の投与も考えてはいますが、骨髄で血液を作る機能が働いている

 

のに、安易に投与してしまうと逆に骨髄が働かなくなってしまう。

 

なので、もう少し様子を見させてください。

 

これだけ急激に悪化した要因ははっきりとは分からないが、

 

エコー検査で少し嚢胞が大きくなっていること、そこからの出血で貧血に

 

なっている可能性がある。」と説明があった。

 

私はネットで調べた情報を先生にぶつけた。

 

・水素水  ・カリナール1、2  ・コエンザイムQ10

 

先生の見解は

 

・水素水に関しては疑問は残るものの、悪いものではないので

 

 試してみる価値はある。

 

・カリナール1はレンジアレンと同等の効果が期待できるので取り入れたい。

 

(レンジアレンは先生から薦められてはいたがサラサラしていてカリカリに

 

ふりかけてもくっつかないので私的にNGだった)

 

・カリナール2は、消化器管内で窒素物の吸着が出来るのか?と疑問が残る。

 

・コエンザイムQ10は水素水と同じで試してみるのはいいかもしれない。

 

ということだった。

 

水素水、カリナール1、コエンザイムQ10を取り入れることにした。

 

 

週明けの月曜日夕方の血液検査で、数値は大幅に改善した。

 

 

2015.12.7の検査結果

 

PCV(赤血球容積) 18.3%(正常値29〜45)

ヘモグロビン    5.9  (正常値9.5〜15)

Cre             3.0  (正常値0.8〜2.4)

BUN                        35  (正常値16〜36)

リン                      5.0 (正常値3.1〜7.5)

 

クレアチニンに関してはもう少しで正常値内というところまできたので、

 

あと1日入院を継続し、下げられるところまで頑張ってみようという事に。

 

楓芽のストレスも考えれば、退院してもよかったのかもしれない。

 

でも、この時の私はすでに数値に振り回されはじめていた。

 

 

 

 

2015.12.8の検査結果

 

PCV(赤血球容積) 20.1%(正常値29〜45)

ヘモグロビン    6.0  (正常値9.5〜15)

Cre             2.6  (正常値0.8〜2.4)

BUN                        26  (正常値16〜36)

リン                      5.4 (正常値3.1〜7.5)

 

翌日の夕方の検査結果で、ようやく貧血の値も改善の兆しがみえた。

 

また、その他の項目もほぼ正常値というところまできた。

 

楓芽の食欲も出てきたので、退院することとなった。

 

今後は週2回、皮下点滴を行い現状維持に努めるという事に決まった。

 

しばらくは通院し、皮下点滴を自宅で出来るように練習することにした。

 

楓芽に針を刺す?そんな事が私に出来るだろうか?という不安はあったが

 

それよりも何よりも、ようやく楓芽を連れて帰ることが出来る。

 

ネットで注文した水素水やサプリも間に合った。

 

今度こそ私が頑張る番だ!と意気揚々と病院を後にした。

 

 

12/3〜12/8 5日間の入院治療代  87,264円

内訳

診察料・再診料・入院費・食欲増進剤(注射)・点滴・血液検査・尿検査・

レントゲン検査・超音波検査・外注検査代

腎臓サポートフード代(自宅用)     

闘病記 | comments(0) | -

楓芽の腎不全闘病記2 〜一度目の入院〜

JUGEMテーマ:ペット

 

はじめに。。。

 

楓芽の腎不全闘病記録です。

 

辛い内容となりますことをご了承ください。

 

 

 

再検査から僅か9日後の12月2日。

 

仕事から帰るといつもの『おかえり〜』のスリスリがない。

 

いつもの定位置でじっとしている。

 

食欲も無い。あきらかにおかしい。

 

その日は水曜日。病院は水曜日午後休診。

 

翌日は午前中仕事を休んで楓芽を病院へ。。。

 

先生は体温、血圧、触診のあと、楓芽の皮膚をつまみ、一言。

 

「脱水状態ですね。すぐに来てくれて良かった。

 

血液検査等したいのでこのまま楓芽ちゃんを預かります。

 

結果は電話で連絡しますので、お仕事へ行っても大丈夫ですよ」と。

 

明るく言ってくれていたけど、先生の表情はいつもと違った。

 

心がザワザワする。手が震える。仕事に集中なんか出来ない。

 

 

夕方、電話がかかってきた。

 

「今、話しても大丈夫?

 

詳しい結果はのちほど数値を見ながら説明しますが。

 

腎臓の数値が上がってしまっています。体内に毒素が溜まっている状態。

 

静脈点滴を24時間体制で行い、毒素を排出するのが一番良いと思います。

 

入院になってしまうけれども・・・」

 

入院。。。入院か。なんとなく良くない予感はあった。

 

でも入院とは思ってなかった。こういう時ばかり予感は的中するもんだな。

 

『とりあえず、仕事終わりで伺います。楓芽には面会できますか?』

 

一瞬の沈黙。

 

「今日は面会しない方がいいかな?

 

ママに会うと楓芽ちゃんも帰りたくなっちゃうでしょ?」

 

『そうですよね。入院はどのくらい?明日は面会できますか?』

 

次々と質問する。これから病院に行くっていうのに。待てない女。

 

「詳しくはお会いしたときに。ね?電話ではうまく伝わらないから。

 

それと面会のことなんだけど、やっぱり楓芽ちゃんに会っておこう。

 

正直、安心できる数値ではなかったんだよ。

 

急変してそのままという事も可能性としてゼロではない。だから・・・」

 

『いやだ〜!!そんなの嫌だ〜〜〜〜!!!

 

そんなんだったら、会わない!

 

最後になるかもだなんて絶対にありえないから!』 取り乱す私。

 

その後、病院に伺い詳細を聞く。

 

この時の楓芽の状態は、下記の通り。

 

”老貍態になっている。

Cre,BUN,リンともに基準値を大幅にOverしている。

G比重はさらに軽くなっている。

つ恐伺噺〆困膿嫻綱Δ確認されている。

 

←腎嚢胞
中央付近の黒い部分が腎嚢胞。大きさ8mmほど

 

 

静脈点滴は3日間1クールと考える。よって退院は早くても12/5夜。

 

12/5午後に血液検査をしてみて判断する。

 

思いつく限りの不安や質問をぶつけるも、丁寧に一つ一つ対応してくれる。

 

地元に戻ってから約5年。

 

何度も通い、そのつど治療方針を話し合って決めてきた。

 

意見が分かれた時、診療時間を過ぎてもトコトン話し合った。

 

一生懸命なのが伝わってくる。

 

(あぁ、この病院を選んでよかった。先生に楓芽の命を預けよう。)

 

『先生、楓芽をよろしくお願いします。

 

ただ、最悪の場合、私の願いは自宅で看取ること。

 

何時でも構いません。連絡をください。

 

楓芽に会わせてもらえますか?』

 

 

 

前足に繋がれた点滴が痛々しい。ケージを開け、そっと抱っこする。

 

「大丈夫だよ。怖くないよ。楓芽は強い子だもんね。我慢しようね。

 

ママ、何もできなくてごめんね。毎日会いに来るからね」

 

私の肩にしがみつき、喉をならす楓芽に声をかけ、

 

15分ほど一緒に過ごし病院を後にした。

 

こんなことになるとは思わなかった。どうしたらいいんだろう。

 

涙が止まらない。

 

つい数日前に楓芽へ言った言葉が蘇る。

 

一緒にがんばる?あんたは何を頑張るっていうのよ!

 

絶対に助ける?なんにも出来ない役立たずのくせに!!

 

信号待ちの間、太ももを思い切りグーで何度も殴った。

 

不思議と痛みは全く感じなかった。

 

 

 

2015.12.3の検査結果

 

PCV(赤血球容積) 26%(正常値29〜45)

ヘモグロビン    8.2  (正常値9.5〜15)

Cre             8.8  (正常値0.8〜2.4)

BUN                        66  (正常値16〜36)

リン                      8.1 (正常値3.1〜7.5)

尿比重      1.007

潜血         +

赤血球        +

 

闘病記 | comments(2) | -

楓芽の腎不全闘病記1 〜再検査〜

JUGEMテーマ:ペット

 

はじめに。。。

 

これから複数回に渡って楓芽の闘病記録を残したいと思います。

 

なぜ今頃になって闘病記を記すのか。

 

それは愛猫が腎不全に陥り、情報を求めている方の力になりたいと

 

思っているからです。

 

私自身、必死にネットで治療方針やサプリ等の情報を探しまくりました。

 

本当に藁にもすがる思いでした。

 

辛い内容となりますので、愛猫を亡くされた方、

 

かわいい楓芽のみを記憶に残したい方はスルーしてください。

 

 

検診から2週間後。

 

再度、血液検査と尿検査をしてみる。

 

多少ドキドキはしていたものの

 

「大丈夫、きっと腎臓病にはなってない」と根拠のない自信があった。

 

いや、自信しかなかった。

 

 

のん気に待合室でTVをみていた私に、背後から先生の声が。

 

「○○さん!!ちょっとこれ楓芽くんのおしっこが!!」

 

その緊迫した声に、一瞬で血の気が引く。

 

先生の手には赤茶色の液体が。明らかに尿の色ではない。

 

血液と見まがうほどの色。

 

確かに2週間前の検査でも潜血が認められていた。

 

でも、先生が「僕がおしっこ引く時に失敗しちゃっただけかも」

 

と言っていたので全く気にしていなかった。。。

 

 

検査室の方から聞こえていたウィーーンという機械の音が止まる。

 

今度は検査結果が印字される音がしている。

 

「う〜ん。そっか・・・そうか。 

 

じゃ、先に説明始めてるんで、記録紙に転記してくれる?」

 

看護士に指示を出す先生の声のトーンが低い。

 

(あぁ、結果よくないんだな。)

 

キャリーに手を入れ、楓芽をなでながら呼ばれるのを待つ。

 

「結果。前回よりは数値は良いですが。腎臓病ステージ2ですね。

 

先ほどの尿の色でもわかる通り、何らかの要因で体内で出血があり

 

血尿となっていると考えられます。

 

まずは炎症を抑えるためにステロイド注射で様子を見ましょう。」

 

 

楓芽が腎臓病になった。これから長い闘病生活になる。

 

出来ることは何でもやってみよう。まずは知識を身につけなきゃ!

 

『楓芽!一緒に頑張ろうね!ママ、絶対に助けちゃるから!』

 

そう楓芽に声をかけながら自宅へ向かい車を走らせた。

 

心臓はまだドキドキしていて、

 

なぜか焦りのようなザワついた感情が心地悪いと感じていた。

 

 

2015.11.23の検査結果

 

Cre      2.4  (正常値0.8〜2.4)

BUN    30 (正常値16〜36)

リン  ?? (正常値3.1〜7.5)

尿比重 ???

潜血 +++

赤血球 +++

 

血液・尿検査・注射 7,128円

 

闘病記 | comments(2) | -

ちょうど1年前。

JUGEMテーマ:ペット

 

 

めっきり朝晩冷え込みがキツくなってきました。。。

 

楓芽のいない生活に慣れつつも、やっぱり猫肌恋しい季節です。

 

今日は楓芽の6回目の月命日。気が付けば半年も経ってしまいました。

 


※朝、化粧のジャマする楓芽

 

 

 

ちょうど1年前の11月7日。

 

半年に一度の検診から楓芽の闘いの日々が始まった。

 

でもそれは、そんなに深刻なものではなく、

 

2歳の頃から尿比重が軽めだった楓芽には

 

いつの日か訪れるであろうと予測していた宣告だった。

 

「ん〜楓芽くん、腎臓の数値が基準値をoverしちゃったね。

 

だからといって今すぐ何かしなくちゃいけないという状態ではないよ。

 

最近フード変えた?あぁ市販の猫缶食べたんだね。

 

その猫缶の影響かどうかはもう一度検査してみないとわからないね〜。

 

今まで通り、腎臓病用の療法食食べて、たくさんお水のませてあげて。

 

腎臓へのダメージを軽減させるお薬試してみない?」

 

もしかしたら検査の2日前に食べさせた猫缶の影響で

 

一時的なものかもしれないと2週間後にもう一度再検査することにした。

 


この時、緊迫していたのは楓芽ただひとり(猫)

 

私はきっと滅多に食べさせない猫缶の影響で一時的なものだろうと

 

安易に考えていた。

 

というよりも、受け入れたくなかっただけなんだろうな。。。

 

先生の薦めでセミントラの投与開始。

 

 

2015.11.7の検査結果

 

Cre      2.9  (正常値0.8〜2.4)

BUN     28 (正常値16〜36)

リン   4.2 (正常値3.1〜7.5)

尿比重 1.036

潜血  +++

赤血球 +++

 

健康診断費用  14,040円

セミントラ    5,184円

 

 

闘病記 | comments(2) | -

楓芽へ

JUGEMテーマ:ペット

楓芽へ

楓芽がいなくなっちゃって今日で1ヶ月だね。

虹の橋での生活には慣れたかな?お友達は出来た?

もうアレルギーもリンの数値も気にしなくていいんだよ。

だから、たくさんたくさん美味しいもの食べられるね!

大好きだった海苔もかつおぶしも甘栗も生クリームも

全部ぜ〜〜〜〜んぶ食べてもいいよ♪





楓芽とこんなに長く離れたことなんてなかったから、

ママは寂しくて、つまんなくて、

大好きなTV観ててもちっとも楽しくないよ。


楓芽、モフモフなでなでぎゅ〜ってしたいよ。

抱っこしてお庭に出たいよ。

楓芽にチュウしたいよ。。。

で、それをいつものように全力で拒否してよ!

そしてママの愚痴を面倒くさそうに毛づくろいしながら聞いてよ。



楓芽、

ふわふわの毛並、ぷにぷにの肉球、ちょっと生臭い口臭(笑)

ぜんぶぜ〜んぶ忘れないよ。

楓芽、

楓芽がつけた胸と足のひっかき傷、だんだんと薄くなってきた。

それが悲しいよ。



楓芽、

楓芽はママのたからもの。

姿は見えなくても、ずっとずっとず〜〜〜っとたからものだよ。

楓芽、大好きだよ。


楓芽の闘病記録、書きたいんです。
だって楓芽が頑張った証だから。

でも、まだ検査結果の数値を見る勇気が出ません。
ごめんなさい。

今日で1ヶ月。そろそろ楓芽の物を整理しなくちゃですね。
とりあえず、週末にトイレを片付けます。・・・できるかな?
いや、衛生的にも片付けなきゃマズイって!
解ってるんですよ。頭では。
でも、出来ないんです。
猫トイレに楓芽の足跡が残ってるんで。。。どうしたらいいんだろ。



 
ねこ | comments(3) | -

お知らせ

JUGEMテーマ:ペット
平成28年5月8日 

午前8時45分頃 楓芽は息を引き取りました。

享年8歳11ヶ月  25日の誕生日まであと僅かでした。

腎不全による尿毒症でした。

楓芽は私にだっこされて、お庭に出るのが大好きでした。

だから最期の時もそうしてあげたいと思っていました。

5月8日 日曜日。 
きれいな青空、やわらかい朝の光の中、大好きだった庭で私に抱かれ、苦しむこともなく穏やかに旅立っていきました。


FacebookやLINEで繋がっている方へはすでにお伝えして
いますが、ブログだけとはいえ、楓芽を愛してくださった
猫友さんへのご報告もすべきかと考えました。
とはいえ、あまりにも長い間放置していたのでご覧に
なられている方もいないのでは?とは思いますが、、、。

後日、楓芽の闘病記録もUPできればと思っています。
なぜなら、楓芽の腎不全が判明したとき・食欲減退に
陥った時、貧血になった時、数値に変動があった時など
何とかして楓芽を助けられないか?
と藁にもすがる思いで検索しまくったからです。

楓芽の闘病生活はわずか6か月間でした。
獣医師もこんなに数値が上下して安定しないのは稀なケースで
先が読めない。と 話していたくらいですから。。。

でも、私と楓芽が闘った日々が同じ病気で不安と闘っている
猫ちゃんの飼い主さんの道標になるかもしれない。
すっごく頼りないけど藁にはなれるかもしれないと思います。

今はまだ心の整理がついていないので、すぐにとは言えませんが。。。
ねこ | comments(2) | -

あけましておめでとうございます!

JUGEMテーマ:ペット

新年、明けましておめでとうございます
とうとう2010年が始まりましたね

すっかりご無沙汰しちゃってますが・・・



だよねぇ〜
すっかり楓芽&pumのこと忘れられてるんじゃないかと、ちと不安。。。

今年はちゃんと更新していこうと思ってますので、
これからもよろしくお願いします(^^ゞ



じゃ、いきますか!!
新年恒例?の・・・



はははっ
いくつになっても変態ですんません
 
ねこ | comments(15) | -
;